Googleは、クイックシェアQRコードを使用してファイル転送を簡素化します。

Update:  July 10, 2024
Googleは、クイックシェアQRコードを使用してファイル転送を簡素化します。

今年だけで、GoogleはAndroidの近くの共有機能をSamsungのクイック共有と統合し、ファイル転送のためのデバイスの設定を以前よりも速く行うことができるようにしました。

GoogleはAndroidでファイル共有をワープスピードで実現しています。QRコードクイックシェアに!

天才のGoogleアプリ開発者によって設計されたAssembleDebugは、ユーザーエクスペリエンスを再定義し、データ転送のためのよりスムーズで安全な方法を育成することになっています。

ユーザーは近々、ファイルを共有する際にQuick Shareのプライバシー設定を切り替える手間を省くQRコードを生成できるようになります。

クイックシェアの効率向上に関する情報

Quick Share(以前はNearby Shareとして知られていました)は、Samsung Electronicsが開発した非常に便利なワイヤレスデータ転送ユーティリティであり、互換性のあるデバイス間でファイルを共有するプロセスを簡素化します。

AndroidにおけるAirDropの最も近い代替品であり、デバイス間の転送を可能にする写真、ビデオ、ドキュメント、URLなどの交換を可能にするものです。

現在、Quick ShareはAndroidのデフォルトのファイル共有システムであり、BluetoothとWi-Fiを使用して近くのデバイスを見つける機能があります。

ただし、デバイスを見つけたり、連絡先を選択することは、特に電話が同じWi-Fiネットワークに接続されていない場合にはかなり時間がかかることがわかっています。

それは言うまでもなく、GoogleはQRコードを介してリソースをより簡単に共有できる方法を提案しています。

組み込みAIアシスタントの主な利点は、ユーザー体験の向上です。QRコードジェネレータファイル共有アプリに入っています。スピードアップデバイスハンドシェイク。

この巧妙なアプローチは、Wi-Fiネットワークの接続やBluetoothの距離に依存することなく、接続プロセスを最適化します。

GoogleとSamsungのコラボレーションによる、Quick Share QRコードを使用した超高速ファイル共有

Google samsung quick share QR code

ワイヤレスファイル転送を革新するための一手として、Googleは、サムスンとの協力関係を発表しました。クイックシェアAndroid デバイス全体で実装される機能。

このパートナーシップに加えて、QRコード技術を統合する戦略が開発中です。

QRコード技術の多様性とアクセシビリティにより、これは特に高速環境での交換に有利なクイックシェアのリーチを拡大します。

Wi-Fi接続はファイル転送に高速ですが、QRコードは設定を簡略化することができます。なぜなら、Quick Shareプライバシー設定を切り替える必要がなくなるからです。あなたのデバイスto連絡先またはみんなただ、QRコードをスキャンするだけです。

このイノベーションから、今までに見たことのない超高速のファイル共有が期待できます!

Quick ShareのQRコード機能は現在、Google Playサービスの最新ベータ版(v24.20.13)でテストされています。

Android 15を搭載したデバイスで利用可能であり、Android TV、Chrome OS、およびWindowsでも利用可能であると予想されています。

このGoogleとSamsungの専門知識の組み合わせは、有望な革新であり、彼らのサービスをより利用しやすくするという彼らの取り組みを反映しています。

クイックシェアQRコードを介した簡易接続

Quick share samsung

現在、Quick Shareを使用してファイルを共有するには、Bluetoothペアリングか両方のデバイスが同じWi-Fiネットワーク上にある必要があります。効率的ですが、これらの方法には時折障害が発生します。

公共のWi-Fiネットワークはセキュリティ上の懸念を引き起こす可能性があり、一部の状況ではBluetoothのペアリングが面倒になるかもしれません。

それを修正するために、GoogleはQRコードをスキャンするだけで全体の「デバイスを待っています」の障害を変えています。

これが形作られれば、ユーザーは転送するファイルを選択して「転送」ボタンをクリックするだけで済みます。QRコードで共有「オプション」を選択してください。誰とでも共有簡単にアクセスするためのコードを生成するシステム共有シート。

受信者はその後、スマートフォンデバイスやコンピューターを使用してコードにアクセスできます。QRコードスキャナーファイル転送の接続を開始するアプリ。

生成されたコードは、「for」ループを使用しています。近くにURLは、現時点ではスキャンするとGoogleサポートページにリダイレクトされます。

この機能はまだ開発中ですが、初期の兆候からは非常に簡単なプロセスが示されています。

QRコードは接続プロセスを迅速化しますが、Quick Shareの主要な機能は引き続きBluetoothと位置情報の許可に依存していることに注意することが重要です。

それにもかかわらず、2つのファイル転送システムとWi-Fi設定を格闘する必要はありません。単にスキャンして共有すれば、完了です。

このコラボレーションは、ワイヤレスデータ交換において利用者に比類ない柔軟性と便利さを提供します。

このソリューションがApple iOSのようなクロスプラットフォーム互換性を可能にするか疑問に思っている場合、現時点ではまだ可能ではありませんが、技術が進歩し効率性が優先されるようになると、ほぼ保証されます。

正式なリリース日はまだ発表されていませんが、このアップデートは、毎日デバイス間でファイルを行き来する人にとって画期的なものになるでしょう。


モバイル技術は、QRコードの統合によってスピードが向上します。

現代生活の慌ただしさの中で、QRコードは頑丈で使いやすいソリューションとしてその地位を確固たるものにしています。

Googleの独創的なアプローチは、スピード、便利さ、セキュリティを優先し、滑らかなデータ交換を保証し、より生産的なデジタル体験を育む。

これは本当に変革的な力です。誰もが移動中に何かを共有する必要がある場合に。

他の技術の動きとともに、このスリリングなテクノロジーの輝きから、すべてのファイル転送にスーパースムーズなエクスペリエンスを期待することができます。

Brands using QR codes
RegisterHome
PDF ViewerMenu Tiger